Amazonでお得に買い物をする方法

【Xiaomi Pocophone F1 購入レビュー】ソフバン・ドコモで使える低価格おすすめゲーミングスマホ

どうも、スマホ大好きブロガーのくろうぇぶ(@kuroweb_net)です。

ハイスペックなスマホが登場するようになり、スマホで高画質3D ゲームを楽しむことが一般的になってきました。

ただし快適に楽しむためには、高価格スマホじゃないとまともに動作しないことが多いのも事実。

iPhoneXS Maxは最安値でも12万円以上するし、分割購入しても負担になりますよね。

助手ネコ

もっと安くてゲームも楽しめるスマホないのかなぁ。
実は3万円台で購入できるイチオシのスマホがあるんだよね。

くろうぇぶ

それが、Xiaomiの「Pocophone F1」です。

3万円台で購入できるのに、10万円台のスマホと同じ性能を持っている、ということで注目が集まっています。

Xiaomi は中国企業ではありますが、非常に高品質なスマホを低価格で販売している実績あるメーカーなんですよね。

くろうぇぶ

日本では一般的ではないけど、スマホマニア界隈では有名なメーカーですよ!

処理速度のほかにも、カメラ性能やスマホ本体の作り込みにも力が入っていて、非常にオススメできる一品になっています。

というわけで今回の記事は「【Xiaomi Pocophone F1 購入レビュー】ソフバン・ドコモで使える低価格おすすめゲーミングスマホ」について書いて行きます。

スペックをチェック

Xiaomiの「Pocophone F1」は2018年8月に発売されたスマホで、3万円台での販売にも関わらずSnapdragon845という高性能CPUを搭載しているのが最大の特徴です。

詳細なスペックは以下の表を参照してください。

製品情報
型番Xiaomi Pocophone F1
発売日2018/8
発売価格38000円
Antutuスコア総合スコア:290000点
GPUスコア:126000点
備考
基本スペック
OSMIUI for Poco(Android8.1ベース)
CPUSnapdragon 845 2.8GHz
GPU-
メモリ6GB/8GB
ストレージ64GB/128GB/256GB
備考液冷システム採用
カメラスペック
リアカメラ12MP + 5MP
フロントカメラ20MP
備考AIカメラ採用
本体デザイン
画面サイズ6.18インチ
画面解像度FHD+/2246 x 1080
大きさ155.5 x 75.2 x 8.8 mm
重量182g
備考
ネットワーク関連
3Gバンド1/2/5/8
4Gバンド1/3/5/7/8/20/38/40/41
docomo回線
softbank回線
au回線×
SIMNanoSIM x 2
DSDV対応
VoLTE対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
電源関連
バッテリー容量4000mAh
急速充電QC3.0
USBポートUSB TypeC
備考
その他
MicroSDカード対応
イヤホンジャック対応
指紋認証対応
顔認証非対応(日本以外の地域設定にすると使える?)
付属品保護ケース、充電器、充電ケーブル、説明書類、SIMピン、
備考最初から保護ケースが付属

パッケージと付属品をチェック

それではパッケージと付属品を見ていきましょう。

外箱はブラックとイエローのカラーリングでスポーティな雰囲気です。

今回入手したのはメモリ6GB/ストレージ64GBのグローバル版で、箱にもグローバル版と表記されていることがわかります。

付属品は、スマホ本体、充電器、充電ケーブル、SIMピン、書類一式。

さらに最初から保護ケースが付いています。

くろうぇぶ

格安スマホはケースの入手性が悪いので、最初から付いているのは嬉しいポイントですね。

フィッティングも非常に良い感じでこのまま使い込んでも大丈夫な仕上がりですね。

艶消し仕上げであるPocophone F1をツヤツヤボディに変身させてくれるのと、スマホを持った時のグリップ力が上がるので使い勝手も非常にいい感じ。

付属の充電器は急速充電に対応しているモデルで、普通に購入すると良いお値段します。

それが最初から付属しているのはお得感がありますね。

プラグ形状が海外仕様なのが残念ですけど、変換アダプタを噛ませれば問題なく使えます。

くろうぇぶ

購入先によっては最初から変換プラグを付けてくれるお店もありますよ。

本体デザインをチェック

今回購入したのはブルーモデルで、落ち着いたカラーリングなので使いやすい色になってます。

助手ネコ

iPhone7のような艶消し仕上げで使いやすそう!

プラスチック系の素材が使われているそうですが、決して安っぽさはありません。

くろうぇぶ

欲を言えばガラス仕上げが良かったですが、価格を考えると十分満足できますね。

側面の仕上げを見てもこだわりのあるデザインになっていて、とても3万円台のスマホとは思えません。

画面サイズ

6.18インチという少し大きめの画面を搭載、フルHD+(2246 x 1080)という解像度のディスプレイを採用していて、写真や映像の描写もとってもキレイです。

どの角度から見ても発色が良いディスプレイですね。

写真をよく撮影する方でも十分満足できそうです。

大きさと重量

iPhoneXよりも一回り大きなディスプレイは、持ちやすさと大画面の快適さを両立した素晴らしいサイズ感。

片手でギリギリ操作できる絶妙な大きさで、これ以上大きくなると普通のスマホとは違った使用感になってしまいそう。

くろうぇぶ

手の小さな私でもちょっとした操作は片手できちゃいます。

厚みはiPhoneXよりもほんの少しだけ分厚い8.8mmですけど、気になるようなものではありません。

重量は「182g」で、画面・バッテリー容量の大きさを考えると軽量な仕上がりと言えますね。

助手ネコ

プラスチック系の素材をボディに使用したおかげですね!

基本スペックをチェック

Pocophone F1には「MIUI fo Poco」が搭載されていて、これはAndroid8.1をベースにカスタマイズされたもの。

くろうぇぶ

ジェスチャー機能やフルスクリーンモードなどが追加されて使いやすいんですよ!

フルスクリーンモードという機能もとっても便利で、なんと「ナビゲーションバー」を完全に消すことができちゃいます。

ナビゲーションバーの代わりにジェスチャー機能で「戻る」「ホーム」「最近使ったアプリ」を表示することができるようになります。

片手操作をするときに便利なのが、エッジスワイプで「戻る」ができることです。

くろうぇぶ

これに慣れてしまうと他のスマホが操作しづらく感じる完成度の高さで、ぜひとも体感して頂きたい機能の一つです!

くろうぇぶ

フルスクリーンモードが純正機能として実装されているのが最高です!

CPU性能

Pocophone F1にはSnapdragon845というCPUが搭載されていて、これが10万円代のハイエンドスマホによく採用されてるCPUなんですよね。

助手ネコ

そんな高価なパーツが使われているなんて凄い!

Snapdragon845が一体どれほどの処理速度を備えているのか実際にチェックしていきましょう。

Antutuスコアでチェック

それでは「Antutuベンチマークアプリ」を使って処理速度を調べてみましょう。

総合スコアは290000点

くろうぇぶ

3万円台のスマホとは思えない総合スコアが出てしまいました…。

2〜3万円で購入できるスマホで多いのが、総合スコア10〜13万点なのでビックリしちゃいますよね。

10万円近くするハイエンドスマホと同じ処理速度を本当に備えているみたいです。

くろうぇぶ

ネットサーフィンや動画視聴など全く問題にならないハイスペックスマホですね。

GPUスコアは126000点

くろうぇぶ

総合スコアよりもGPUスコアの方が凄いことになってますね。

2~3万円台のスマホのGPUスコアの平均が30000点前後なので、3倍以上のゲーム性能ということになりますね。

助手ネコ

ゲームもバッチリ楽しめそうですね!

実際にプレイしてみた

荒野行動でテストプレイしていきます。

くろうぇぶ

最も要求スペックの高いアプリが快適に動くのか、要チェックです!

「荒野行動」を高画質設定でも快適にプレイ可能

設定は「高画質」「忠実」「60FPS」という最高設定を組み合わせてもサクサク動作してくれました。

くろうぇぶ

3万円台でこんなに動いてくれるスマホ、他にはありませんよ!

独自の液冷システムが仕事してくれる

Pocophone F1には独自冷却システムを採用しているので発熱の心配をする必要がありません。

長時間プレイするとどうしても発熱してしまいますが、パフォーマンスが低下するようなアツアツ状態にはなりませんでした。

助手ネコ

安心して長時間プレイできるのも嬉しいポイントですね!

メモリとストレージ容量

Pocophone F1には複数のラインナップが用意されていますが、メモリ6GB/ストレージ64GBで十分だと思いました。

くろうぇぶ

性能にこだわりのある人でも十分満足できるんじゃないかなー。

ストレージ容量についても、特別な使い方をする予定が無ければ64GBで十分ですからね。

Pocophone F1の魅力は低価格&ハイスペック、余分な性能は削って購入金額を安く抑えちゃいましょう!

カメラ性能をチェック

カメラ性能で注目したいのは、Xiaomi社独自のカメラAI機能が搭載されていることです。

助手ネコ

カメラAIって何なの?
撮影した写真を自動でキレイに調整してくれる機能のことですよ!

くろうぇぶ

カメラAIが優秀で、特別な設定をしなくてもキレイな写真を撮影できちゃいます。

カメラAI ON

カメラAI OFF

カメラAI ON

カメラAI OFF

カメラAI ON

カメラAI OFF

使ってみた感想としては、自然な色調で少しだけ色鮮やかにしてくれるのかな?という感じ。

くろうぇぶ

撮影するだけで良い手軽さも相まって、写真撮影するのが楽しくなっちゃいました!

カメラAIも良い仕事をしてくれていますが、1200万画素+500万画素のデュアルカメラもイイカンジ。

ズーム撮影の写真はあまり得意ではないようですが、風景写真や近距離撮影をするだけならあまり関係ありませんよね。

くろうぇぶ

そもそもズーム機能はスマホに求めちゃイカンですよ。

純正のカメラアプリでこれだけキレイな写真を撮影できれば御の字ではないでしょうか。

実はインカメラにも力が入っているのですが、撮影するものがありませんでしたので今回のレビューでは割愛ということで。

くろうぇぶ

メインカメラを超える2000万画素のシングルカメラですからね…。機会があれば検証してみたいと思います。

電源関連をチェック

Pocophone F1には大容量バッテリーが採用されていて、バッテリー容量は4000mAh。

iPhoneXS Maxのバッテリー容量は約3000mAhなので、Pocophone F1の方が大きなバッテリーを内蔵していることになりますね。

くろうぇぶ

丸一日使用しても半分以下になりませんでしたよ!

助手ネコ

バッテリーは心配なさそうですね!

充電方法はUSB-C端子から行います。

バッテリー容量が大きいので充電速度が気になるんじゃないでしょうか?

くろうぇぶ

Pocophone F1はQC3.0という急速充電に対応していて、充電速度もめっちゃ速いです。

付属の電源アダプタもバッチリ急速充電に対応してますから安心です。

「64% → 74%」の充電に掛かった時間は約10分。

バッテリーの容量を考慮するとかなり早い充電速度ですね。

対応バンドをチェック

Pocophone F1 の対応バンドをチェックしていきましょう。

対応バンド

3Gバンド1/2/5/8
4Gバンド1/3/5/7/8/20/38/40/41

ドコモ回線は繋がりますが、場所によっては繋がりにくくなります。

docomo回線の必須バンド
LTE(4G)バンド1/3/19/21/28
3G(W-CDMA)バンド1/6/19
表中の太文字のバンドに対応していると快適に利用できます。

プラチナバンドに非対応なのが痛いところで、地下や山間部で電波が繋がりにくいかもしれません。

実際にOCNモバイルONE(ドコモ系MVNO)でテストしましたが、大麻府内なら概ね良好な電波状況でした。

地下鉄でも電波ビンビンだったので都心部利用であれば問題なさそう。

くろうぇぶ

サブ端末として平地で使うだけ、という人なら大丈夫そうですね!

ソフトバンク回線にはフル対応、メインスマホとして活躍できます。

softbank回線の必須バンド
LTE(4G)バンド1/3/8/28/41
3G(W-CDMA)バンド1/8/9
表中の太文字のバンドに対応していると快適に利用できます。

必須バンドに全て対応しているので、平地や山間部でも問題ありません。

助手ネコ

3万円台でハイエンドスマホをメイン機として使えるのはお得感ありますね。

au回線では常用するのは厳しいです。

au回線の必須バンド
LTE(4G)バンド1/11/18/26/28/41
3G(CDMA2000)バンドBC0
表中の太文字のバンドに対応していると快適に利用できます。

必須バンドに対応していないので利用するのは難しいですね。

サブ機として利用することもあまりおすすめできません。

くろうぇぶ

ソフトバンク回線ならメインスマホ、ドコモ回線ならサブ機として使えそうですね。

その他細かな部分をチェック

MicroSDカードで最大256GB拡張できるようになっています。

助手ネコ

これだけ拡張できるのであれば十分でしょうね。

SIMスロット②と共有するタイプのMicorSDカードスロットなので、デュアルSIMで運用する方は注意が必要かもしれません。

イヤホンジャックは使い勝手の良い本体上部に設置。

助手ネコ

下側だと邪魔になることがありますからね!

有線イヤホンに対応しているだけでも十分ではありますが、使い勝手のいい配置なのも素晴らしいですね。

精度の高い指紋認証センサーは本体背面にあるタイプ。

画面ロックの解除のしやすさという点で、このセンサー配置は最適ですね。

くろうぇぶ

自然な持ち方をすれば人差し指でサッと画面ロック解除できます。

顔認証は日本だと使えないかも。

残念ながら地域設定を日本にしていると、顔認証の設定項目が消えてしまいます。

くろうぇぶ

他の地域設定にすると使えるようになりますがちょっと残念なポイントですね。

まとめ

Pocophone F1について記事をまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

良い点、気になる点をまとめると以下のようになります。

良い点

3万円台で買えるハイエンドスマホ。

Antutu総合スコア260000点超えの圧倒的処理速度カメラ性能も文句なし(画質、カメラAIともにバッチリ)

MIUIのジェスチャー機能の操作性が素晴らしい。ソフトバンク回線に完全対応。

ドコモ回線はサブ機としてなら使える(プラチナバンド非対応なのが辛い)

気になる点

顔認証が使えない(地域設定を日本以外にすると利用可能)

背面が少し安っぽく感じるかも(個人的には問題ない仕上がりだと感じましたが)

Amazonから購入すると少し割高感のある値段設定。

au回線で利用するには厳しい対応バンド。

助手ネコ

「非常にコストパフォーマンスに優れた一品」というのがPocophone F1の特徴と言えそうですね!
安く買えるゲーミングスマホを探している人はとりあえずPocophone F1を選んでおけば間違いないでしょう。

くろうぇぶ

いくつか気になる点も出てきてはいるものの大きなデメリットではありませんので、気になる方は購入してみてはいかがでしょうか?

以上、くろうぇぶ(@kuroweb_net)でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です