Amazonでお得に買い物をする方法

【MIUI10】DPIを変更して表示領域を広げる方法まとめ【Xiaomiスマホ】

どうも、ガジェット大好きブロガーのくろうぇぶ(@kuroweb_net)です。

Xiaomi製スマホって低価格で高性能だし、日本でも人気のある機種ですよね。

あれれ?いつも通りDPI変更したのに、反映されない…。
くろうぇぶ
そんなあなたのために、簡単にできる方法をまとめてみました!

というわけで本記事では、「【MIUI10】DPIを変更して表示領域を広げる方法まとめ【Xiaomiスマホ】」について記事をまとめていきます。

MIUI10のDPI変更には少しコツが必要です

そうなんです。MIUI10のDPI変更の方法は、通常のAndroid端末とは異なります。

「開発者モード」をONにして、「最小幅」の数値を変更するだけではダメです。

実際に設定した方法をまとめていきますので、参考にしてみてください。

標準の設定範囲には限界がある

まずは標準で設定できる範囲内での限界を見てみましょう。

設定アプリ → ディスプレイ → 文字サイズ → 「XS」を選択。

設定アプリ → その他の設定 → ユーザー補助 → 表示サイズ → 「ー」をタップして最小サイズに設定

設定アプリから変更できる限界はここまでです。

くろうぇぶ
これでは不満足!という方は以下の掲載内容を見ていきましょう。

MIUI10でDPIを変更できるようにするには

Xiaomi Mi Max 3はMIUI10(Android8.0)を搭載する最新スマホなので、本来であればスマホ単体でDPIを変更することができるはずです。

MEMO
DPIとは画面の表示領域の広さのことです。

しかし、開発者オプション内の「最小幅」を変更しても反映されません。

くろうぇぶ
おそらくMIUI10の仕様でしょうね。

なのでパソコン側から「ADBコマンド」を使ってDPIを変更していきます。

MEMO
今回はWindows10のパソコンを使用して、設定方法を解説していきます。

実際にDPIを変更してみる

 

ADBコマンドを使えるようにするには、以下のサイトを参照してください。

そんなに難しい作業ではありませんので、気長にトライしてみましょう。

参考 ADBコマンドを使えるようにする方法orefolder.net

それではADBコマンドが使えることを前提に解説していきます。

①「開発者向けオプション」を有効化

設定アプリ → デバイス情報 → 「MIUIバージョン」を何度もタップ → 開発者向けオプションが有効化されます。

②「MIアカウント」を作成、ログイン

設定アプリ → MIアカウント → アカウントを作成 → メールアドレス、または電話番号で作成してください。

MIアカウントを作成できたら、設定したメールアドレスやパスワードを使ってログインしてください。

くろうぇぶ
メールアドレスで登録した人は、MIアカウントページの左下にある「その他のアカウント」というボタンをタップすると、メールアドレスとパスワードでログインできるようになります。

MI Cloudは必要ありませんのでチェックを外しておきましょう。

MIアカウントのログインはこれで完了です。

③USBデバックを有効化

設定アプリ → その他の設定 → 開発者向けオプション → 「USBデバック」をタップ

これでUSBデバックが有効化されます。

④USBデバック(セキュリティ設定)を有効化

MEMO
有効化するためにはSIMカードが必ず必要です。
SIMがないとできません。

Xiaomi Mi Max 3 にSIMカードを挿入しておきます。

続いて「USBデバック(セキュリティ設定)」を有効化します。

「USBデバック(セキュリティ設定)」をタップすると以下のような画面が出ます。

次へ

次へ

次へ

これで完了です。

⑤Xiaomi Mi Max 3とパソコンをUSBケーブルで接続

以下のような画面が出てくるので許可してあげましょう。

⑥コマンドプロントでADBコマンドを入力

ここからはパソコン側での作業です。

Windows10の場合で説明していきます。

「Windowsキー」と「Sキー」を同時押しすると検索画面が出てきます。

そこで「コマンドプロント」と入力して、コマンドプロントソフトを起動します。

⑥adbコマンドを入力「adb shell wm density 280」

コマンドプロント画面で「adb shell wm density 280」と入力して「Enterキー」を入力。

これで完了です。

Xiaomi Mi Max 3の画面表示が変更されているはずです。

MEMO
「280」という数値を変更すると、様々なサイズに変更できます。

⑦あとは自分好みに調整するだけ。

DPIの値を変更するなり、設定アプリ内のフォントサイズを調整するなりしましょう。

DPI変更後は画面レイアウトが崩れているので、再起動してあげましょう。

くろうぇぶ
個人的に良かったのは、DPI「280」フォントサイズ「M」の組み合わせです。

設定完了

再起動してみて設定が反映されていれば、設定完了です。

お疲れ様でした。

まとめ

というわけで本記事では「【MIUI10】DPIを変更して表示領域を広げる方法まとめ【Xiaomiスマホ】」についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ADBコマンドの設定方法が少し難しかったです…。
くろうぇぶ
一番手間取るのはそこかもしれませんね。後の設定自体はとても簡単で誰でもできちゃいます!

Xiaomiスマホで画面解像度に不満のある方は、ぜひ試してみてください。

以上、くろうぇぶ(@kuroweb_net)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です