Amazonでお得に買い物をする方法

【MacBook12の使い方】USキーボードなら「Command + Space」で入力切替【設定方法まとめ】

どうも、ガジェット大好きブロガーのくろうぇぶ(@kuroweb_net)です。

El Capitan以降、「英語↔日本語」の入力切替が「Control+Space」になってしまい、とても使いづらいですよね…。

ブラインドタッチでテキスト入力していると、入力切替がとても面倒なのです…。
くろうぇぶ
以前のように、「Command+Space」で入力切替ができる方法がありますよ!

というわけで本記事では「【MacBook12の使い方】USキーボードなら「Command + Space」で入力切替【設定方法まとめ】」について、記事をまとめていきたいと思います。

問題点の確認

入力切替をする度に「ホームポジション」が崩れる

テキストを高速入力できる「ブラインドタッチ」にとって、「ホームポジション」はとても大切な要素です。

MEMO
ブラインドタッチとは、「F」「J」のキートップにある出っ張りを基準に、効率よくテキスト入力する方法のこと。

「Control+Space」で入力切替をすると、以下のようにホームポジションが崩れてしまいます。

くろうぇぶ
これではテキスト入力に集中できませんよね。

「Command+Space」を入力すると「Spotlight検索」が立ち上がる

「Command+Space」には別のショートカットキーが割り当てられており、「Spotlight検索」が立ち上がるようになりました。

くろうぇぶ
一体誰がこの機能を使うんだよ!って感じですよね。

問題を解決すると…。

「ホームポジション」をキープしたまま入力切替ができる

El Capitan以前のように、「Command+Space」で入力切替ができるようになります。

親指を少し伸ばすだけで良いので、基準となる人差し指などの位置を固定して、テキスト入力に集中できるようになります。

くろうぇぶ
ブラインドタッチでテキスト入力している人に、とてもオススメな設定です!

ブログ執筆や資料作成などで、大量のテキストを入力する方は、ぜひ設定してみましょう。

設定方法

1.「システム環境設定」を開く

まずは、画面左上にある「リングマーク」をクリックします。

「システム環境設定…」という項目が出てくるのでクリック。

「システム環境設定」のウィンドウが立ち上がります。

2.「Control+Space」への割り当て内容を変更

「キーボード」をクリック。

「ショートカット」をクリック。

「Spotlight」をクリック。

矢印の部分をクリックして、「Control+Space」を入力します。

くろうぇぶ
これで「Command+Space」を同時押ししても、「Spotlight検索」が立ち上がらなくなります。

3.「Command+Space」への割り当て内容を変更

「キーボード」をクリック。

「ショートカット」をクリック。

「入力ソース」をクリック。

矢印の部分をクリックして、「Command+Space」を入力します。

くろうぇぶ
これで、「Command+Space」を同時押しすれば「入力切替」できるようになります。

以上で設定完了です。お疲れ様でした。

まとめ

というわけで本記事では「【MacBook12の使い方】USキーボードなら「Command + Space」で入力切替【設定方法まとめ】」についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

El Capitan以降のショートカットキー変更は、USキーボードユーザーにとって改悪でしかありません。

くろうぇぶ
本記事の設定で、本来あるべきショートカットキー割り当てに変更しましょう!

以上、くろうぇぶ(@kuroweb_net)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です