Amazonでお得に買い物をする方法

【ARCHISS リストレスト 購入レビュー】HHKB/REALFORCEキーボードと相性バツグン!【おすすめパームレスト】

どうも、キーボード大好き系ブロガーのクロマメ(kuroweb_net)です。

HHKB BTNiZ ATOM66 といった、静電容量無接点方式のキーボードを愛用していて、困った点が一つだけあります。

それは、手首と肩に疲れが溜まりまくる…ということです。

クロマメ
厚みのあるキーボードを使っていると、手首に負担がかかったり、入力姿勢の問題で肩が凝ってしまうのです。
HHKB系の高級キーボードでよくある悩み事ですね!

そんな悩みを解決する製品を探したところ、見つけちゃいましたよ。

それが、「ARCHISS Massive Wrist Rest AS-PRMWR/SBK」です。

 

タイピングポジションを高くできるアイテムでして、手首をまっすぐのままタイピングできたり、肩の力みを和らげることで疲れが大幅に減るのです!

というわけで本記事では「【ARCHISS リストレスト 購入レビュー】HHKB/REALFORCEキーボードと相性バツグン!【おすすめパームレスト】」についてまとめていきます。

ARCHISS Massive Wrist Rest の外観

今回購入したのは ARCHISS Massive Wrist Rest の Sサイズ です。

大きさは 幅325mm x 奥行90mm。

厚みは約18mm。

クロマメ
HHKB BTNiZ ATOM66 のようなコンパクトなキーボードと組み合わせたい方向けの大きさですね。

右下には ARCHISS ロゴがあります。

表面の材質はサラサラしており、マウスパッドでよくある素材が使われています。

クロマメ
適度な弾力感もあっていい感じ!

HHKB BT と組み合わせてみたところ、若干左右に余裕がある程度のサイズ感。

NiZ ATOM66 でも同様で、少し大きめではあるものの使い勝手もよくていい感じです!

ARCHISS Massive Wrist Rest の厚みは、HHKB BT のフレーム部分とほぼ同じですね。

NiZ ATOM66 のフレーム高さともほぼ同じ。

ARCHISS Massive Wrist Restが肉厚なおかげで、HHKB BT でも手首をまっすぐな状態でタイピングできる、というわけです!

リストレスト無しでタイピングしたときと比べると、その差は一目瞭然。

クロマメ
正直言ってかなりタイピングが楽になっています…!

HHKB系キーボードと相性抜群

HHKB BTREALFORCE 系のキーボードを使っている方には、ぜひとも使ってほしいですね。

リストレスト無しだと、手首をまげて、肩の筋肉を使って少しだけ腕を持ち上げている、というポジションでタイピングすることになります。

クロマメ
これが長時間作業していると辛いんですよね…。

ARCHISS Massive Wrist Restを使うと、手首や肩に力をほとんど入れなくても良いのです。

上から指を打ち下ろす、という感覚でタイピングするので、入力が安定するのも最高です!

HHKB系のキーボードを使っていて、リストレスト無しの方にマジでおすすめします。

ARCHISS Massive Wrist Rest のまとめ

というわけで本記事では「【ARCHISS リストレスト 購入レビュー】HHKB/REALFORCEキーボードと相性バツグン!【おすすめパームレスト】」についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

タイピングしていて疲れを感じている方、HHKB系キーボードを使っている方にめちゃめちゃオススメの製品ですよ。

700円台で安いし、試しに購入してみようかな?
クロマメ
一度使ってしまうと、ARCHISS Massive Wrist Rest が必需品になっちゃうのが難点なのですがねw

気になった方はぜひともチェックしてみてください!

以上、クロマメ(kuroweb_net)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です