Amazonでお得に買い物をする方法

【2019年版】Windows10にVirtualBoxを簡単にインストールする方法まとめ

どうも、パソコン大好きブロガーのくろうぇぶ(@kuroweb_net)です。

ソフトの動作検証用として、仮想環境が必要になりましたので、「VirtualBox」をインストールしていきます。

簡単にインストールできるものでしょうか…?
くろうぇぶ
手順通りに進めれば、誰でも簡単にインストールできるのでご安心ください!

というわけで本記事では「【2019年版】Windows10にVirtualBoxを簡単にインストールする方法まとめ」についてまとめていきます。

今回使用するパソコンのスペック

 

スペック一覧
  • CPU → Core i7-3770 3.4GHz
  • メモリ → 16GB
  • SSD → 500GB
  • OS → Windows10 64bit

型落ち感のあるパソコンではございますが、仮想環境で「VirtualBox」を動かすにはちょうどいいスペックです。

VirtualBoxを快適に動かすならメモリは最低でも8GB以上。

余裕をもって16GBあれば十分満足できる環境を構築できますので、参考にしてみてください。

インストール手順

それでは実際に「VirtualBox」をインストールしていきましょう。

まずは、インストールに必要となすソフトをダウンロードします。

「VirtualBox」は以下のサイトからダウンロードできます。

参考 ダウンロード先VirtualBoxホームページ

矢印の先にあるリンクをクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開きます。

インストールウィンドウが立ち上がりますので、「Next」をクリック。

インストール内容をカスタムできますが、基本的にはそのままでOKです。

インストール先を変更する場合は、「Browse」ボタンを押して変更してください。

今回はそのまま変更しないので、「Next」をクリック。

デスクトップなどにショートカットアイコンを作成するのかどうか、について確認してきます。

全てチェックを入れていて困ることはないので、そのまま「Next」をクリック。

いかにも危険そうな画面ですが、特に問題が起こるわけでもありません。

「Next」をクリックして次へ進みます。

「VirtualBox」をインストールしてもいいですか?

と確認してきますので、「Install」をクリック。

するとインストールが開始されます。

直後に、管理者権限の確認画面が立ち上がります。

「はい」をクリックします。

インストールの途中、ウィンドウが立ち上がりますので、「インストール」をクリック。

しばらくすると、ウィンドウが立ち上がります。

「Finish」をクリック。

「VirtualBox」が立ち上がれば、インストールは完了です。

お疲れさまでした。

まとめ

というわけで本記事では、「【2019年版】Windows10にVirtualBoxを簡単にインストールする方法まとめ」についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

手順通り進めるだけでできました!
くろうぇぶ
誰でも簡単にインストールできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

「VirtualBox」の活用方法につきましては、以下のページで解説しております。

併せてご覧くださいませ!

以上、くろうぇぶ(@kuroweb_net)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です