Amazonでお得に買い物をする方法

【2019年版】Windows10インストール用のUSBメディアの作成方法まとめ

どうも、ガジェット大好きブロガーのくろうぇぶ(@kuroweb_net)です。

手持ちパソコンの再セットアップのために、「Windows10」のインストールメディアを作成します。

インストールメディアって簡単に作れるものなの?
くろうぇぶ
Windows10ではメーカーホームページからツールをダウンロードして、簡単に作成できるようになってますよ!

というわけで本記事では「記事タイトル」について、記事をまとめていきたいと思います。

今回使用するパソコンの環境

 

スペック一覧
  • CPU → Core i7-3770 3.4GHz

  • メモリ → 16GB

  • SSD → 500GB

  • OS → Windows10 64bit

  • 使用するUSBメモリ → 8GB

処理速度が速いパソコンであれば、インストールメディアの作成に掛かる時間を短縮できます。

注意
インストールメディアとして使うUSBメモリは「最低でも8GB以上」を選ぶようにしましょう。

容量不足で失敗することになります。

今回の作業では、その他に注意すべき点は特にありません。

準備

使用するUSBメモリを接続しておきましょう。

前もって接続しておくと、後々の手順が楽になります。

トラブルを防ぐために「USBメモリ」をフォーマットしておくのがベストです。

ファイルエクスプローラーを開いて、「USBメモリ」の項目の上で「右クリック」

メニューが表示されるので、「フォーマット」をクリック。

ファイルシステムは「NTFS」を選択して、「開始」をクリックするとフォーマットが始まります。

これでインストールメディアの作成準備は完了です。

インストールメディアの作成手順

それでは「Windows10」のインストールメディアを作成していきましょう。

今回は、「USBメモリ」をインストールメディアとして使用できるようにします。

「メディア作成ツール」をMicrosoftホームページからダウンロードします。

参考 メディア作成ツールをダウンロードMicrosoftホームページ

「ツールをダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始します。

ダウンロードフォルダに保存されるので、ファイルをダブルクリックして起動。

セットアップ画面が立ち上がりますので、「同意する」をクリック。

少しだけ待機時間があり、次のような画面へと切り替わります。

今回は、Windows10インストール用のUSBメモリを作成しますので。

画像の通りにチェックを入れて、「次へ」をクリック。

「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックが入っていると、自動でエディションが選定されます。

Windows10 64bitが自動選定されているので、今回はそのまま「次へ」をクリック。

目的のエディションが異なる場合は、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外して、リストから選ぶようにしましょう。

今回使用するメディアは「USBメモリ」なので、「USBフラッシュドライブ」を選択して、「次へ」をクリック。

既にUSBメモリをパソコンに接続しているなら、画像の通りに自動選定されます。

目的のUSBメモリを選択できていることを確認したら、「次へ」をクリック

Windows10のダウンロードが開始します。

これには時間が掛かりますので、しばらく待機しておきましょう。

ダウンロードと同時に、実はUSBメモリへの書き込みも行っています。

作業中にUSBメモリを抜かないように、注意しましょう。

以上で、Windows10インストール用のUSBメモリの作成完了です。

お疲れさまでした。

ちなみに、完成したUSBメモリの内訳はこのようになっています。

まとめ

というわけで本記事では「【2019年版】Windows10インストール用のUSBメディアの作成方法まとめ」についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

手順通りに進めれば、簡単に作成することができました!
くろうぇぶ
Windows10になってからは、インストールメディアの作成方法が簡単になりましたからね。

ぜひとも本記事を観ながら挑戦していただければと思います。

以上、くろうぇぶ(@kurweb_net)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です